漬物・鮒ずし・千枚漬等のお取り寄せ、ギフト贈答用 滋賀県大津市【丸長】漬物の通販トマト|おつけもの 丸長

漬物・鮒ずし・千枚漬等のお取り寄せ、ギフト贈答用 近江つけもの 滋賀県大津市【丸長】漬物の通販トマト

コンテンツ

>会社紹介

>こだわり

>工場見学

>朝恋トマト製品について

>丸長のコラボ商品


“日の菜漬入り”
||
“まぜちゃい菜”

LOTTERIA多賀サービスエリア店
    地域限定バーガー!

 

 

※未成年者への酒類の販売はいたしておりません
酒類をご購入のお客さまには年齢確認をさせて頂いております。
ご注文の際、備考欄に生年月日をご記入くださいますようお願い申し上げます。





staff blog

 

おいしがうれしが

滋賀でとれた食材を使った食べ物を 推進するキャンペーン、おいしが う れしがに参加中です!

facebook


Yahooショッピング


 

HOME»  認定

 食品自主衛生管理認定S-HACCP認定

 

 

食品自主衛生管理認証 S-HACCP 認定
HACCPは、NASAの宇宙食開発で生まれ、国連機関が推奨し、世界に広まった安全な食品を造るための高度な衛生管理手法のことです。 HACCPは、NASAの宇宙食開発で生まれ、国連機関が推奨し、世界に広まった安全な食品を造るための高度な衛生管理手法のことです。
近年、多発する食品事故で、多くの消費者は「食」に対する不安・不信をもっておられます。そこで、弊社では食品の安全性を確保する為、滋賀県が独自に創設した食品自主衛生管理認証制度(S-HACCP)にて、認証基準に合致しているかを審査頂き、平成20年7月24日に知事より認証頂いております。
Sとは

       愛称

 

セーフードしが

【コンセプト】

安全のセーフに食べ物のフードを併せて、滋賀を重ねました。

      認証マーク

 

セーフードしが

【コンセプト】

滋賀県の頭文字をひらがなの「し」と「食」をモチーフに、県民により安全性の高い食品の提供は、県民の食生活にとって大変に大事なこと、安全・安心の食生活は県民の願い、日々の食に関心をもち生活していきたいという思いを込めました。

丸長の商品の新袋には、認証マークを記載し「安全・安心」な製品をお届けする事を誓います。

 

 

  微生物検査制度確認 評価証明書

 

 

微生物検査制度確認 評価証明書

  

               微生物検査制度確認 評価証明書

 


 トマトの農商工連携支援事業

 

農商工連携事業計画に係る認定書

農林漁業者と中小企業者が共同で行う新たな商品やサービスの開発等に係る計画について国が認定を行い農林漁業と商工業等の産業間連携を強化して地域経済を活性化する取り組みです。

株式会社丸長食品は近江八幡のトマト生産会社浅小井農園(株)と本事業において、平成24年6月20日に認定をいただきました。

新たな商品の取り組みとしまして、トマトの農商工連携支援事業の『青いトマトのお漬物』・高糖度トマトのゼリー『朝恋ゼリー』を販売中。

農商工連携支援事業

 

2012年9月10日より販売の農商工連携第三弾商品『朝恋トマトのミネストローネ』が好評販売中。

10月現在ドレッシング&朝恋トマトと近江牛カレーの商品作成中

  農商工連携事業計画に係る認定書


 営業許可書各種

 

 

惣菜    ソフトクリーム 

                          惣菜                                                       ソフトクリーム


    
 
                         菓子                         缶詰又は瓶詰加工製造業                                                                    



                ソース

 

  食品表示診断士検定

 

 

 食品表示は、消費者にとりその商品の品質を判断し購入する上で、貴重な情報源となっています。更に、近年食品表示に係る相次ぐ事件が起こり、消費者の食品表示に対する関心はますます高くなっています。こうした中で、消費者は正しい食品表示に関する知識を高め、安全・安心な食品を選択したいという要望が強くなっています。

 また、食品に関わる事業者は常に、安全・安心な食品を提供することが求められており、これを消費者に伝える上で、食品表示は重要な役割を果たしています。一方、事業者間での食品表示のバラツキがあり消費者への信頼、法令順守の面でも問題となっています。

 消費者が食品表示を理解しようとしても難しい理由、又事業者による食品表示の間違いがある理由の一つが、法律で定められた食品表示の方法が複雑で、更に解説のための判りやすいテキスト、学習のための基準がないことが挙げられます。

 こうした中で、生産者、食品メーカー、小売業者、消費者まで含めた教育の機能として「食品表示検定」試験が始まりました。「食品表示検定」により消費者は食を選択する力をつけ、事業者は正しく食品情報を表示することが広がり、「食の安全・安心」の向上に寄与したいと考えています。

 

食品表示検定合格証